ホーム»新着»記事の内容

天皇陛下が最後の免許証更新。1991年製の愛車「インテグラ」で高齢者講習

先月23日に82歳の誕生日を迎えられた、天皇陛下。 2016年1月8日に、最後の免許証更新をされたと報じられました。

最後の運転免許証

公務の際に運転されることはありませんが、皇居内では助手席に美智子さまを乗せられ、テニスコートに向かう時や、散策時に運転されるほど車の好きな陛下。

皇居内であっても免許証は必ず携帯されており、免許証を忘れると御所に引き返すこともあるそうです。

陛下が免許を取得されたのは1954年のこと。 すでに50年以上の運転歴をお持ちです。 しかし、陛下のご意向より、免許証の更新は今回が最後になります。

愛車インテグラで講習

陛下は皇居内で、高齢者運転講習(70歳以上の高齢者が免許更新の際に受ける講習)をお受けになられました。

お住まいにて運転に必要な座学や視力などの検査。 皇居の東御苑に信号機などが持ち込まれ、一般的な運転実技の講習が15分程度行われました。

講習時に運転されたのは、長年乗り続けている愛車1991年製のホンダ「インテグラ」

発売時、マイケル・J・フォックスさんが「カッコインテグラ」とキャッチコピーを言うCMが話題になりました。

天皇陛下、運転免許更新のため高齢者用講習を受講されたというニュースが放送されていた。 因みに陛下の愛車は ‘91年式のホンダ インテグラ。 しかもMT車!! #HONDA #天皇弥栄 pic.twitter.com/NPMcKfUWO2

— YSHHT (@yshht) 2016, 1月 8

お値段は当時、120万円ほどと一般的な車ですが、古くなっても20年以上大事に乗られているそうです。

緊迫するようなニュースが多い中で、丁寧に運転される姿には、親しみを感じます。 いくつになられても安全運転を心がける天皇陛下の姿勢は、ぜひ我々も見習いたいものですね。