ホーム»新着»記事の内容

ハイウェイで困っている女性を助けたホームレス 後に彼に訪れた幸運とは

アメリカに住むケイトさんはある日の夜、1人でハイウェイを運転していました。 すると、だんだん車のスピードが落ちていきます。

原因はガス欠。 動揺したケイトさんは車を路肩に駐車して、一番近いガソリンスタンドを探して歩き始めました。

困っている女性を見たホームレスの男性は

たまたまその時ハイウェイの近くに立っていたのは、ホームレスのジョニーさん。 彼は、ケイトさんが困っている様子を見て声をかけます。 そして事情を知るとこういったのです。

しばらくするとジョニーさんは、ガソリンの入った容器を持って戻ってきました。

なんと彼は、持っていたすべてのお金である20ドルを使って、ガソリンを買ってきてくれたのです。

ケイトさんはその時は現金を持っていなかったため、後日ジョニーさんの元を訪れてお金を返し、上着や靴下などの衣類をプレゼントしました。

さらに彼女は、その後もたびたびジョニーさんに会いに行っては、食べ物や商品券など生活に必要なものを差し入れているのです。

交流をしていくうち、ジョニーさんの優しい人柄を知ったケイトさんの心には「ジョニーさんを助けたい」という思いがどんどん強くなっていきました。

ホームレスの男性の社会復帰を目指して寄付金サイトを設立

ジョニーさんが社会復帰するためには、「たくさんのお金が必要だ」とケイトさんは考えます。

そして、彼のために寄付金サイト『GoFundMe』でプロジェクトを立ち上げたのです。

所持金すべてを使って見知らぬ女性を助けた、心優しいホームレスの男性のストーリーに多くの人たちが感動。 たくさんのメディアでも取り上げられ、ジョニーさんの話は瞬く間に広まっていったのです。

そしてプロジェクトの立ち上げからわずか2週間で、目標金額1万ドル(約110万円)をはるかに上回る、37万6000ドル(約4170万円)が集まりました。

多くの人たちが自分のために寄付をしてくれたことを知って、大喜びするジョニーさん。 34歳の退役軍人である彼がどのような経緯でホームレスになったのかは分かっていませんが、きっとやむを得ない事情があるに違いありません。

ジョニーさんは、仕事を見つけてホームレスの生活から抜け出したいという願っているのだそう。 これだけのお金があれば、彼の人生は大きく変わることでしょう。