ホーム»ニュース»記事の内容

70回目の終戦の日。実は終戦の日が8月15日なのは日本だけだと知っていましたか?

2015年8月15日、日本は70回目の終戦の日を迎えました。

しかし、この終戦の日。 8月15日なのは日本だけだって知っていましたか?

実は日本で定められた終戦の日は、昭和天皇による終戦の詔書の音読放送、いわゆる玉音放送が放送された日付を終戦の日として式典が行われています。

しかし、アメリカやロシアなどの多くの国では1945年に日本の降伏調印式が行われた9月2日を第二次世界大戦の終結日としています。

このように日本人にとって終戦を決定付けた玉音放送。 2015年8月1日、宮内庁は初めてこの「玉音放送」の原盤を公開しました。

70年前の8月15日に想いを馳せて、ぜひ聞いてみてください。

以下玉音放送の中から、有名な一文「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の箇所を抜粋してご紹介させていただきます。

今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

国立国会図書館 ーより引用 現代語訳

今後日本の受けるであろう苦難は、言うまでもなく並大抵のものではない。あなた方国民の本当の気持ちも私はよく分かっている。しかし、私は時の巡り合わせに従い、堪え難くまた忍び難い思いをこらえ、永遠に続く未来のために平和な世を切り開こうと思う。

朝日新聞デジタル ーより引用

70年前の8月15日に想いを馳せて、ぜひ聞いてみてください。

以下玉音放送の中から、有名な一文「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の箇所を抜粋してご紹介させていただきます。

今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス

国立国会図書館 ーより引用 現代語訳

今後日本の受けるであろう苦難は、言うまでもなく並大抵のものではない。あなた方国民の本当の気持ちも私はよく分かっている。しかし、私は時の巡り合わせに従い、堪え難くまた忍び難い思いをこらえ、永遠に続く未来のために平和な世を切り開こうと思う。

朝日新聞デジタル ーより引用