ホーム»かわいい0»記事の内容

猫が子供の頃から育てられるのは、人に親しむではなく、3つの要素を見る必要がある。

今では猫を飼っている人が増えてきているので、誰でも自分の家の猫の方が人に親しんでほしいと思っているが、そのような考え方は本当なのでしょうか?小さい頃から育てた猫の方が、年を取った猫よりも人に親しむのではないでしょうか。

まず、なぜ私たちは猫が小さい頃から育てた方が人に親しむと思うのでしょうか?

この点、私たちは犬にだまされてしまうことが多いです。 小さい頃から育てた犬は、飼い主にもっと依存しているからです。 彼らは人間を自分の親だと思っていますが、これが完全な馴化と半馴化の違いで、猫はずっと半馴化した状態で、人間との関係は寄生と寄生されることが多いです!

わかりやすく言えば、犬にとって、主人が私に優しくくれて、それはきっと私の神様に違いないと思って、猫にとって、主人が私にそんなに優しくくれて、私はきっと彼の神に違様に違いないと思っています!

友人は4匹の黒猫を飼います。 4匹の黒猫のうち、1匹の雌が主人に親しむ、ほかの3匹の性格が雌より活発になり、ご主人への挨拶にも情熱的ではなかったので、最後に10人以上の友人の意見によると、このような結果が出てきたが、正確なのかどうかはわからない。 それは、猫は小さい頃から飼われていても、主人にはあまり情熱的ではなく、主人のことをよく知っているだけで、知らない人への対応はしないということを分かっている。

猫が人に親しむかどうかをどうやって見るのか。

1.猫が人に親しむかどうかは、その品種に大きく関係がある。

それぞれの種類の猫には、人間に対する親しむ猫はラグドールやシャムネコなどの猫、例えばブリティッシュ・ショート・ヘア、アメリカン・ショート・ヘアなどの猫は、主人への粘着度が高いことがわかっています。

2.性別によって親しむ程度が違う。

雌性の猫は社交的な性格であり、おとなしい性格をしていることが多く、主人と親しむことができ、暇な時に主人のもとに行って甘えることが多いのではないでしょうか。 雄性の猫については、相対的に野性的であり、主人の管理に従うことがあまり好きではありません。 一部の冒険という遺伝子が含まれていて、好奇心が強いのですが、主人が無理で雄性の猫を抱っこしていると、猫の抵抗を受ける可能性があります。

3.飼い主の飼い方が猫の人に対する態度に影響することもあります。

猫が主人に対する態度について、主人が決める程度が多く、猫と主人の地位が特にはっきりしていれば、猫は服従的な態度を示し、飼い主が単に猫を飼っているだけで、そのような社会関係を確立することはできず、ある時、猫は飼い主に挑戦することがあり、一旦猫は自分が優勢になっていると感じた場合には、人に親しむことが難しいと思ういます。

最後に、猫が人に親しむことはその年齢に関係がない、自分自身がとてもやさしい猫は、飼い主が十分に猫に関心を持っていれば、人に親しむことができて、自分自身は冷たい猫であっても、小さい時に育ても冷たいと思います。