ホーム»閲覧注意»記事の内容

「誰がカビが生えたものを食べるの?」「画期的な方法」 バーガーキングのCMに賛否

アメリカのハンバーガーチェーン『バーガーキング』は、自社のハンバーガーをあえて腐らせるCMを公開。 その映像に、世界中から賛否の声が寄せられています。

防腐剤を使用していないことをアピールしたいバーガーキングは、人気商品である『ワッパー』を34日間放置するという斬新なPR方法を使ったCMを掲載しました。

リアルに腐っていくハンバーガーの動画、食事時には気を付けてご覧ください。

だんだんとカビが増えて、34日目にはほとんどがカビで青くなってしまいます。

バーガーキングは「『本物の食べ物』は醜いということです。 そのため、弊社は防腐剤を含まないワッパーを展開しています」とコメント。

身体に悪い防腐剤を含まないからこそ、このようなカビが生えてくるのだと訴えました。

動画を見た人たちからはこのようなコメントが寄せられています。

腐っていく様子に非難の声が相次ぐ一方、肯定的なコメントも寄せられています。

中には、20年前にマクドナルドで購入したハンバーガーが腐ってない状態で発見されたことをアメリカの新聞『New York Post』などが報じていたことから、「マクドナルドへの挑発ではないか」という声もありました。

賛否両論はあるものの、身体に悪い防腐剤は使用されていないということで安心した人もいるでしょう。