ホーム»社会»記事の内容

ホームレスを避難所が受け入れ拒否 「当然の判断」「差別だ」とネットで賛否両論

2019年10月12~13日、日本列島を襲った台風19号。

台風が首都圏を直撃した12日の夜、東京都台東区の避難所がホームレスの受け入れを拒否していたことが明らかになりました。

台東区、避難所へ来たホームレスを拒否

サンケイスポーツによると、台東区が開設した自主避難所は、避難所に集まった人に住所と名前を書くようにしていたとのこと。

その際、住所がないという2人のホームレスに対し、職員はこのように告げたといいます。

この判断は対応にあたった職員個人のものではなく、災害対策本部のものとのことです。

今回の件が明らかになると、台東区の対応にネットではいろいろな意見が上がりました。

台東区の行動を「人権意識の欠落」「差別」と批判する声もある一方、「ホームレスは税金を払っていないんだから、避難所に入る権利はない」という声も上がっています。

区広報課は「住所不定の方の避難所という観点がなく、援助から漏れてしまったのは事実。今後、対応を検討したい」とコメントしています。

対応の是非はともかく、今回の台東区の判断によって、暴風の中行く当てのなくなった人がいたのは事実です。

多くの人の意見を取り入れ、改善されることを祈るばかりです。

区広報課は「住所不定の方の避難所という観点がなく、援助から漏れてしまったのは事実。今後、対応を検討したい」とコメントしています。

対応の是非はともかく、今回の台東区の判断によって、暴風の中行く当てのなくなった人がいたのは事実です。

多くの人の意見を取り入れ、改善されることを祈るばかりです。