ホーム»独自記事»記事の内容

千葉雄大、サプライズ登場の田中圭と北川景子に涙…

2020年2月21日に映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(以下、『スマホ2』)の初日舞台挨拶が行われました。

主演を務めた、俳優の千葉雄大さんをはじめ、アイドルグループ『乃木坂46』の白石麻衣さん、俳優の成田凌さんらが登壇。

さらに2018年11月に公開された映画『スマホを落としただけなのに』の主演であり、今作にも出演している俳優の北川景子さんと、田中圭さんがサプライズゲストとして登場し会場を沸かせました。

千葉雄大、北川景子と田中圭のサプライズ登場に涙

映画の公開に向け、数多くの宣伝活動などをしてきた千葉さん、白石さん、成田さん。

なんと、千葉さんが24番組、白石さんが19番組に出演したといいます。

舞台挨拶では映画のタイトルにちなんで『落としたくないもの』を聞かれた3人。

成田さんは、『見落としたくないもの』として本映画のエンドロールの後、白石さんは「今日身に着けている(高価な)ジュエリー」と答えました。

そして千葉さんは、落としたくないものを「前作で主演を務めた北川さんから受け継いだバトン」と北川さんへ尊敬の意を示しました。

そんな思いが伝わったのか、3人にサプライズで北川さんと田中さんが登場。

北川さんと田中さんの登場を知らなかった千葉さん、白石さんは思わず涙を流す場面もありました。

舞台挨拶では、無事に初日を迎えられた千葉さんたちを称え、鏡開きを実施。

さらに『主演』として作品を引っ張り続けた千葉さんに、登壇者全員が大盃にお酌をし、労いました。

最後に千葉さんは、映画についてこのように語りました。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

サイバー犯罪を専門に追う刑事の加賀谷学役は、千葉雄大さん。 加賀谷の恋人でWEBセキュリティ会社で働く松田美乃里役は、白石麻衣さんが務めています。

前作で囚われの身となった殺人鬼、浦野善治役は成田凌さんが続投。

(C)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』では、原作本には出てこない新たなキャラクターも登場!驚きの展開に最後まで見逃せません。

同日から全国東宝系にてロードショーです。

原作『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

映画の原作は、志駕晃さんが2018年に発表した著作『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』。

grapeでは、志駕晃さんのサインが書かれた原作本が10名様に当たるプレゼント企画を実施中です。

ほかにも、撮影現場で成田さんに会ったことで志駕さんが変えた設定や、白石さんの印象など、撮影秘話がつづられた志駕さんのインタビュー記事も公開中です。 ぜひご覧ください!