ホーム»ニュース»記事の内容

暑い日もマスクをしていると… 『見落としていた危険』にハッとする

依然として新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の終息の目途が立っていない、2020年5月現在。

夏が近付き気温が上昇しても、大半の人が感染症拡大防止のためマスクを着用して外出しています。 同月12日には、全国351地点で最高気温25℃以上の夏日となりました。

マスクで体温上昇の危険

FNNプライムオンラインでは、気温上昇とマスク着用の問題について指摘。 暑い中でも、感染予防でマスクを着用している人たちの声を拾いました。

女性A「(マスク)めちゃくちゃ苦しい! 酸素吸えないって感じ」

女性B「マスクもしているから、余計に顔に汗をかくような感じで息苦しいですね。 今の時期からこんなに暑いと、夏どうなるのかなってちょっと心配です」

FNNプライムオンライン ーより引用

マスク着用でどのくらい熱がこもるのか、サーモカメラを使って実験すると、息を吐くたびに口元が赤く変化し、マスクの下で熱がこもっているのが分かるそうです。

マスクの着用で身体に熱がこもりやすくなる問題について、農林水産省もTwitterで注意喚起を投稿。 体調不良を感じたら作業を中断することなどを呼びかけています。

最近は急に暑くなり、マスクを着用する際に体に熱がこもりやすくなってきているのではないでしょうか。
こまめな水分補給や日々の体調管理に一段と気を付けるなど、熱中症に注意してお過ごしください。 pic.twitter.com/rGg6GMBRd8

— 農林水産省 (@MAFF_JAPAN) 2020年5月12日

ネット上には、「マスク着用で出かけた子供の顔が真っ赤だと思ったら、熱中症一歩手前だった」「冷房のない場所でマスク着用で働いていたらヤバかった」などの声が実際に投稿されています。

頭の片隅に「気温が高い日のマスク着用は身体に熱がこもりやすい」と覚えておき、こまめに水分補給や休憩を挟むなど対処していきたいですね。

夏用のマスクも発売されているので、マスク自体を見直すのもいいかもしれません。

長期化するコロナウイルスとの闘いでは、季節が変わっても気を抜かずに対策を続ける必要があります。

コロナウイルス以外のことにも気を付けつつ、大変な時期を乗り越えて行きましょう。