ホーム»社会»記事の内容

外出自粛で「最も不要な存在」と嘆く花屋の女性 その後の展開にハッとする

2020年5月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大を受け、政府は全国に緊急事態宣言を発令しています。

一部の企業ではリモートワークを推奨し、人々は不要不急な外出を控えて過ごしています。

生花店で働く女性が語った『ある想い』

そんなひと言から始まる言葉をTwitterに投稿したのは、生花店に勤める木村咲(@_kimura_saki_)さん。

外出自粛が叫ばれる中、「緊急時に花なんて、きっと必要とされない」と思っていたそうです。

しかし、外出自粛期間中だからこその来客がありました。

休校中の子供と育てるために花や野菜の苗を買う人や、「家にずっといるから」と、生花や観葉植物を購入する客がいたといいます。

そんな人々を見た木村さんは…。

※写真はイメージ

外出自粛、最低限の買い物のみ、となると花屋なんて、一番に不要とされる仕事だと思ってました。 でも…花や野菜の苗を買うお客さん、休校中のお子さんと育てるとのこと。 家に飾る生花や観葉を買うお客さん、家にずっといるから…と。 花って不要じゃないんだ。 こんなときこそ必要なのかもしれない。

— 木村 咲 (@_kimura_saki_) April 22, 2020

人々にとって花が不要なものではないことを実感し、「こんな時だからこそ必要なものなのかもしれない」と思ったそうです。

農林水産省によると、花には緊張を和らげたり、ストレスを軽減したりする効果があるのだそうです。

外での娯楽が減った人々の心を、癒してくれる存在になることでしょう。

木村さんのエピソードは拡散され、12万件の『いいね』と共感の声が寄せられています。

外出自粛で心が不安定になったり、ストレスが溜まりやすくなったりする今だからこそ、花の力が必要だといえそうです。

2020年の5月は『母の月』

コロナウイルスの感染拡大を受け、9団体で構成される『日本花き振興協議会』では、2020年5月の1か月間を『母の月』とする取り組みを全国の生花店で展開しています。

母の日に生花店へ注文が殺到したり、店頭に人が押し寄せたりする状況を緩和し、生花店に勤める従業員や配送業者、利用する客の感染を防止する試みです。

店舗によりますが、1か月間に延長することで、5月中旬〜下旬に旬を迎える花を贈ることもできるのだとか。

母親に感謝の気持ちを伝えたい人は、注文が殺到しない日にちにずらすのがよさそうです。