ホーム»ストーリー»記事の内容

5歳息子「なんか眠れない」 母親の『解決策』が、目からウロコすぎる

なんとなく寝苦しさを感じて、眠れないという経験を持つ人は多いでしょう。

2児の母親である、いそめしちかこ(@iso_meshi)さんがTwitterに投稿した、眠れない時の対処法をご紹介します。

眠れない時の対処法

たまに5歳の息子さんが「なんか眠れない」といっていた時。

これまで投稿者さんは、息子さんに対し「ベッドでゴロゴロしていたら、そのうち眠れるよ」と声をかけていましたが、効果がないことに気付きました。

そこで、息子さんに本棚整理などの軽い作業をお願いするようにします。

すると、作業を始めてしばらくすると、息子さんは「もう疲れた、寝る」といって、自主的に眠るようになったのです。

ムスコ5歳が「なんか寝れない」と言った時は「ベッドでゴロゴロしてたらそのうち寝れるよ」は効かないので、軽い家事(本棚を整理するとか)をお願いするようにしてる。
しばらくすると「もう疲れた、寝る」と言って自主的にすんなり寝てくれる。
私が小4くらいのときに不眠気味になったときに→

— いそめしちかこ (@iso_meshi) June 1, 2020

子供の頃、同じように不眠で悩んだ経験がある投稿者さん。

その際に「眠らないと」と努力した結果、緊張して眠れなくなりましたが、テレビを見たり音楽を聴いたりして楽な気持ちでいたところ、不眠は解消されたといいます。

ツイートに対し、同じような悩みを抱える人から「その手があったか」「早速やってみる」「不眠だった昔の自分に教えたい」といった声が集まりました。

布団の中で「早く眠らないと」と焦っていても、ますます眠れなくなる一方です。 眠れない時は、思い切って布団から飛び出して身体を動かすなど、気楽に過ごすのがいいかもしれませんね。

ムスコ5歳が「なんか寝れない」と言った時は「ベッドでゴロゴロしてたらそのうち寝れるよ」は効かないので、軽い家事(本棚を整理するとか)をお願いするようにしてる。
しばらくすると「もう疲れた、寝る」と言って自主的にすんなり寝てくれる。
私が小4くらいのときに不眠気味になったときに→

— いそめしちかこ (@iso_meshi) June 1, 2020

寝るための努力をしようとすると余計に緊張して眠れなくなって辛かった経験から。
親から「横になってたらいいよ」と言われたんだけど、眠れない中横になっていると、時計の音は大きく感じるし、周りの家族の寝息やイビキがうるさいし、しまいには自分の鼓動音や呼吸音まで気になってくる地獄で、→

— いそめしちかこ (@iso_meshi) June 1, 2020

加えて睡眠不足で翌日体調が悪くなるのがわかるから余計に焦ってさらに眠れなくなった。
小5か小6くらいに子供部屋で寝るようになったら眠れない時は周りを気にせず音を消してこっそりテレビを見たりイヤホンで音楽を聞いたりできるようになったので気が楽になって眠れるようになった。 →

— いそめしちかこ (@iso_meshi) June 1, 2020

なので眠れない辛さはわかるから、「ゴロゴロしてな」と言わずに眠くなるように促す方法を模索していて。
とはいえ、ムスコ3〜4歳までは1人で何か眠くなるようなことをやらせることができなかったので結局ベッドに無理やり横にならせていたのだけど、5歳を過ぎてからできることが増えたので、→

— いそめしちかこ (@iso_meshi) June 1, 2020

1人で眠くなるための作業をやるように促せるようになった。
程よく疲れてコテンと寝るのでよかったなぁと思う。

— いそめしちかこ (@iso_meshi) June 1, 2020