ホーム»記事の内容

坂口健太郎と亡くなった父親との絆に涙 残された母にする行動に「素敵すぎる」

俳優として数々の映画やドラマで活躍している坂口健太郎(さかぐち・けんたろう)さん。

数年前に父親を亡くしていることを明かしており、母親を気遣う孝行息子であることでも知られています。

そんな坂口健太郎さんの亡くなった父親との思い出や、俳優・吉田鋼太郎さんと親子役で共演した映画『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』でのエピソードなど、さまざまな情報をご紹介します!

目次 1. 坂口健太郎 亡くなった父親との思い出を語る2. 坂口健太郎 父親が亡くなった後は母との絆を大切に3. 坂口健太郎 父親役の吉田鋼太郎にプレゼント!3.1. 坂口健太郎主演映画『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』予告編4. 坂口健太郎 プロフィール 坂口健太郎 亡くなった父親との思い出を語る

坂口健太郎さんは亡くなった父親について、バラエティ番組やイベントなど、さまざまな場所で語っています。

父親との関係は坂口健太郎さんいわく「友達みたいな感じだった」といい、なんでも話し合える仲だったのだとか。

2017年2月2日放送のバラエティ番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した時には、初めての給料は父親との食事代に使ったことを告白しています。

1日、父親と過ごす時間にして、全部、僕が出しました。

TOKIOカケル ーより引用

また、その日は一緒に洋服を買うなどして過ごしたそうです。

そんな坂口健太郎さんは、父親から「自分の評価は自分でするように」という言葉をいわれ続けていたといいます。

その言葉は今も坂口健太郎さんの胸に残っており、芸能界で活動する上での大きな助けになっているようです。

坂口健太郎 父親が亡くなった後は母との絆を大切に

坂口健太郎さんは母親とも仲がよく、父親が他界した後はより絆が深まっているといいます。

2019年6月30日に放送されたトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した際には、母親とのエピソードを披露。

素敵すぎる内容に多くの反響が寄せられました。

番組では、同年公開の映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』で共演している俳優の吉田鋼太郎さんと笠原秀幸さんとともにトークを展開。

ボクらの時代。 鋼太郎さんと健太郎くんと楽しい時間でした。 幸せでした。 ありがとうございました。
【映画 光のお父さん】ぜひ観てください!(笠原秀幸は出演しておりません)