ホーム»記事の内容

エッチなアニメも見ますけど何か!? ハリウッドセレブの深すぎるアニメ愛

2020年6月26日に、セガゲームス開発のゲーム『ソニックシリーズ』を原作とした『ソニック・ザ・ムービー』が公開になるなど、今や日本初のカルチャーはハリウッドにも深く浸透しています。

とりわけアニメ作品の人気は高く、多くのスターがファンを公言しています。 中でも強い『アニメ愛』を持つ海外スターをご紹介します。

コスプレ、腕にタトゥー、果てはきわどいアニメまで鑑賞!? 日本のアニメ好きセレブ① キアヌ・リーブス

まず紹介するのは、2020年で55歳という年齢を迎えるハリウッドスター、キアヌ・リーブスです。

キアヌといえば、映画シリーズ『ジョン・ウィック』でメインストリームに返り咲いたことでも有名。 映画デビュー作であるコメディ『ビルとテッドの大冒険』の最新作が公開を控えるなど、乗りに乗っています。

そんなキアヌは、かねてより強い日本愛を各所で公言してきたスターの1人で、熱心なラーメンファンなことは有名ですが、アニメにも強い愛があるそうです。

彼のお気に入りは1995年公開の名作SFアニメ映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、そして1993年公開の時代劇アクションアニメ映画『獣兵衛忍風帖』とのこと。

川尻監督にミッドナイトフェスで展示する獣兵衛忍風帖ポスターにサインを入れて頂きました。 ポスターは獣兵衛のプロデューサーが21年前から保管している秘蔵品。 【川尻善昭ミッドナイトフェス】http://t.co/hb7I99kLbQ pic.twitter.com/gcZjUVjmCq

— 川尻善昭@公式サイト (@yoshi_kawajiri) October 31, 2014

実際に『ジョン・ウィック』シリーズは本作の構図の影響を受けているそうです。

また、人気ハードボイルドSFアニメシリーズ『カウボーイ・ビバップ』のファンだそうで、一時期は自身が主役で実写化作品を計画していたのだとか。

FEATURE: Cowboy Bebop and the Influence of a Genre