ホーム»記事の内容

三浦春馬訃報に『ベーカリー店』が悲しみ 店主が語る『思い出』に、優しい人柄を感じる

2020年7月18日に30歳の若さで亡くなった、俳優の三浦春馬さん。

突然すぎる別れに、関係者はじめ多くの人から戸惑いや悲しみの声が上がっています。

同月20日に放送された情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)では、三浦さんと交友のあった人々に取材。 その優しい人柄を伝えました。

周囲が語る、三浦春馬さんの誠実な人柄

三浦さんは、所属事務所の稽古場近くにあるベーカリーをたびたび訪れており、店主夫妻のことを「お父さん、お母さん」と呼び慕っていたといいます。

店主夫妻は、三浦さんが主演する舞台に招待された時の思い出を語っていました。

日曜日しか店を休めなかったので、日曜日のチケットが取れなかったんですよ。

そうしたら「僕取りますよ」ってチケットを取ってくれて。

舞台を観に行った時も、楽屋にどうぞってマネージャーさんにいわれて、いいのかなと思ったけど行ったら、三浦さんが化粧も落とさないで「お父さんお母さん、今日はありがとうございます」っていってくれたんですよ。

それがうれしくてうれしくて。 うちは子供がいないもんですから。

直撃LIVE グッディ! ーより引用

三浦さんを、息子のように感じていた店主夫妻。 「なんでこうなっちゃったのかな…」と涙で声を詰まらせていました。

また、番組では三浦さんに殺陣を指導していた楠見彰太郎さんにも取材。 公私ともに仲がよく、何度も食事にも行っていたという楠見さんは、三浦さんの『努力家』な一面を見てきました。

ミュージカル『キンキーブーツ』の稽古中にも、空いた時間に殺陣の稽古をするため、楠見さんに稽古場に来てほしいと頼んだこともあったそうです。

「彼は美貌もあるし、実力もあるし、才能もある。 でも、その裏に隠れた努力が半端ない」と語った楠見さん。 突然の訃報に実感が湧かないと話し「帰ってきてほしいな」と涙を浮かべました。

誠実な人柄で誰からも愛された三浦さん。 その存在の大きさを、たくさんの人が感じています。