ホーム»記事の内容

三浦春馬、所属事務所がマスコミに呼びかけ 「切にお願い申し上げます」

2020年7月18日、30歳という若さでこの世を去った、俳優の三浦春馬さん。 日を増すごとに、あまりにも早すぎる別れを惜しむ声が上がっています。

また、同月20日には、三浦さんの所属事務所『アミューズ』が、ファンと関係者に向けたコメントを発表。 三浦さんの人柄を偲ぶとともに、葬儀についてもつづられていました。

ファンの皆さま、関係各位

これまで三浦春馬を応援してくださった皆さまにご報告させていただきます。
2020年7月18日午後2時10分、三浦春馬 (享年30歳)が、都内の病院で亡くなりました。

中学生の頃から16年という長きにわたって共に夢を語り、歩んできた大切な仲間のあまりにも突然の訃報に接し、弊社所属アーティスト、スタッフ共に、悲しみという感情を超えて茫然自失としており、悔やんでも悔やみきれないという思いです。

彼の役者として仕事と向き合う姿勢は勿論、普段から誠実でチャーミングな人柄は、多くのファンの皆様、社内外の多くのアーティスト、スタッフからも愛されておりました。
一つ一つの作品に向かうエネルギーによって、本当に眩しく輝いていた彼の魂は、これまでの多くの作品と、それを受け取った全ての方の心の中で、決して失われることなく輝き続けることと思います。

いまだ信じがたく受け入れがたい気持ちであり、深い悲しみの中におりますが、三浦春馬は今後もアミューズのアーティストであり、私たちのかけがえのない仲間であることに変わりはありません。

葬儀につきましては、ご親族の方とも相談の上、すでに密葬というかたちで執り行わせていただきました。 何卒、ご理解いただけますようお願い致します。
これまでお世話になりました関係者の皆さま、応援してくださったファンの皆さまにつきましては、新型コロナウイルスの感染予防にも配慮した上で時期を考慮し、お別れできる機会を別途、設けさせていただければと考えております。
詳細につきましては、後日ご案内させていただきますので、いましばらくお待ちください。

尚、マスコミの皆さまにおかれましては、ご親族への取材や、憶測での記事掲載などはご遠慮くださいますよう、切にお願い申し上げます。

株式会社アミューズ

アミューズ オフィシャル ウェブサイト ーより引用

アミューズ側のコメントの最後に「ご親族への取材や、憶測での記事掲載などはご遠慮ください」とつづられているように、一部では、三浦さんが亡くなる直前の行動を追求しようとする記事が出ているのも事実。

しかし、今回のことで誰よりも傷付いているのは、ほかでもない家族のはずです。 芸能人に対する報道のバランスは大変難しい問題ですが、事務所の呼びかけは届くのでしょうか…。

また、改めてファンからは「もういないなんて信じられない」「どうやって受け入れていいのかが分からない」と戸惑う声も…。

もう今後、三浦さんが出演する新しい作品は見ることができません。

しかし、「本当に眩しく輝いていた彼の魂は、これまでの多くの作品と、それを受け取った全ての方の心の中で、決して失われることなく輝き続けることと思います」という言葉の通り、今後も三浦さんは多くの人たちの心に生き続けるのでしょう。