ホーム»漫画»記事の内容

目の前に幽霊が現れて… かけられた呪いの『内容』に号泣する人が続出

7月26日が『幽霊の日』ということをご存じですか。

その由来は、1825年7月26日に、江戸の中村座で東海道四谷怪談が初演されたからなのだそうです。

亡くなった夫が幽霊となって出てきて…?妻にかけた『呪い』とは

漫画家のくろたま(@krtmgpl)さんは、『幽霊の日』にちなんで、幽霊が登場する創作漫画を描きました。

戦争で夫を亡くした女性の前に、「呪ってやる」と呟く幽霊が現れて…。

幽霊の日らしいので、幽霊が酷い呪いをかける恐ろしい漫画を描きました pic.twitter.com/ahrGIy5Xmo

— くろたま●連載中 (@krtmgpl) July 26, 2020

幽霊となり現れた夫に、「幸せになれ、生きろ」と呪いをかけられた女性。

最愛の人を失ったのに「幸せになれ」というのは確かに酷い呪いなのかも知れません。

しかし、それから数十年後、孫に「一生、絶対幸せだよ」と答える姿に目頭が熱くなります。

夫は呪いをかけた後、幸せに暮らす妻の姿を天国から見守っていたことでしょう。

幽霊の日らしいので、幽霊が酷い呪いをかける恐ろしい漫画を描きました pic.twitter.com/ahrGIy5Xmo

— くろたま●連載中 (@krtmgpl) July 26, 2020

幽霊となり現れた夫に、「幸せになれ、生きろ」と呪いをかけられた女性。

最愛の人を失ったのに「幸せになれ」というのは確かに酷い呪いなのかも知れません。

しかし、それから数十年後、孫に「一生、絶対幸せだよ」と答える姿に目頭が熱くなります。

夫は呪いをかけた後、幸せに暮らす妻の姿を天国から見守っていたことでしょう。