ホーム»記事の内容

「なぜ今、大学院に?」働きながら通う女性たちの回答に、拍手喝采!

1限目の授業をサボってしまったり、テスト前だけ真面目な友達に頼んでノートを必死でコピーさせてもらったり…。 自由気ままに過ごした大学時代を懐かしんでしまう人も多いかもしれません。

社会人になり、仕事や家事、育児などで忙しい日々を送っていると、ふとこんな風に思うことはないでしょうか。

「大学院で学ぶ」という選択

本での独学や、通信講座に通うなど、今や学ぶ方法はさまざま。 一方で、ある程度お金や時間に余裕ができたら、改めて「大学院で学びなおす」という選択をする人が増えているのだとか。

その1つが、『専修大学 大学院』。 一度社会に出てから、キャリアアップや資格取得を目指す人などが多く通っています。

でも、『大学院』と聞くと、なんだか敷居が高く、どんな日常を送っているのかイメージがつきにくいもの。 そこで今回、『専修大学 大学院』に通う学生さんたちを集めてオンライン座談会を開催。 学生たちのリアルな意見を聞かせてもらいました!

「なぜ今、大学院に?」専修大学 大学院生たちに突撃!

今回集まってもらったのは、『専修大学 大学院』に通う3人の女性。

会計事務所に勤めている三阪さんは、税理士を目指して経済学を学んでいます。 横井さんは、大学の講師をしながら、税法を学ぶ博士課程3年です。 窪田さんは、百貨店の販売促進部で働きながら、商学を学んでいます。

経歴はバラバラな3人ですが、なぜ『専修大学 大学院』に進むことを決意したのでしょうか。

商学研究科・窪田さん

――大学院に通うことを意識しだしたのはいつ頃?

経済学研究科・三阪さん

――専修大学 大学院を選んだ理由は?

――今通っている神田キャンパスでの大学院生ライフや、仕事との両立については?

法学研究科・横井さん

――大学院で学んだことをどのように活かせている?また、課程が修了したらどう活かしていきたい?

これから大学院に入って勉強してみたいと思っている人へエールを送ってくれた3人。

「大学院ってどんなことをやっているんだろう?」「何だか敷居が高そう」という漠然としたイメージががらりと変わり、意外と誰にとっても身近な学びの場であることを教えてくれました。

社会人でも通いやすい『専修大学 大学院』

経済学、法学、文学、経営学、商学という5つの専門分野を学べる『専修大学 大学院』。 今回、3人の在学生が語っていた通り、教授や事務スタッフ、学生たちとの距離が近く、アットホームさが魅力の1つです。

キャンパスは学科によって生田と神田という2つのキャンパスに分かれ、授業は朝9時からや、夜19時以降に受けられるものもあり、ライフスタイルによって学び方を選択できます。

今はまだ「将来こうなりたい!」とはっきりした目標がなくても、「新しいことにチャレンジしてみたい」「仕事の幅を広げたい」「深く勉強してみたい」といった向上心があれば、『大学院』は前に進むきっかけになるかもしれません。

あなたも『専修大学 大学院』で、大きな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。