ホーム»記事の内容

14歳のゴールデンレトリバー 長生きの秘訣は『隣の家に遊びに行くこと』

たくさんの犬と一緒ににぎやかに暮らしているメリッサさんは、Instagramに犬たちの写真や動画を投稿しています。

そのInstagramによく登場する白いゴールデンレトリバーがいます。

名前はオリバー。 2020年8月現在、14歳の高齢犬です。

この投稿をInstagramで見る

Melissa and so many animals(@pudgethepit)がシェアした投稿 - 2020年 8月月17日午後5時24分PDT

実は…オリバーはメリッサさんの犬ではないのです。

オリバーの飼い主さんはメリッサさんの隣に住むスーさんという女性なのです。

オリバーはスーさんが作った専用のInstagramアカウントも持っています。

この投稿をInstagramで見る

Oliver(@oliver_the_white_dawg)がシェアした投稿 - 2020年 8月月18日午後2時07分PDT

ウェブメディア『The Dodo』によると、オリバーは子犬の頃から外に遊びに出かけるのが大好きだったのだそう。

14歳になった今でも彼は好きな時間にふらりと近所に出かけて行き、夜には必ず家に帰ってくるといいます。

ただ迷子にならないように、スーさんはオリバーにGPSを付けているそうです。

この投稿をInstagramで見る

Oliver(@oliver_the_white_dawg)がシェアした投稿 - 2020年 7月月26日午前10時51分PDT

オリバーは9年前にメリッサさんが隣に引っ越してきた日以来、毎日やって来るようになったのだとか。

メリッサさんの家の門の前に到着すると、開けてもらえるのを待っているといいます。

そして帰りたくなると「じゃあそろそろ帰るね」という感じで自分の家に帰っていくのです。

この投稿をInstagramで見る

Melissa and so many animals(@pudgethepit)がシェアした投稿 - 2020年 8月月18日午後3時55分PDT

メリッサさんとスーさんは常に連絡を取り合って、オリバーが安全にお互いの家を行き来できるようにしているそうです。

オリバーは高齢なので目や耳が老化しているそうですが、メリッサさんの家に行くための最短ルートはちゃんと覚えているのだとか。

メリッサさんの家族も愛犬たちもオリバーのことが大好きで、オリバー自身もまるで自分の家のようにくつろいでいます。

この投稿をInstagramで見る

Melissa and so many animals(@pudgethepit)がシェアした投稿 - 2020年 7月月17日午後5時12分PDT

この投稿をInstagramで見る

Melissa and so many animals(@pudgethepit)がシェアした投稿 - 2020年 5月月7日午後5時19分PDT

まるで近所の子供たちに会いに来るおじいさんのようなオリバーですが、実はスーさんの家にも2匹の妹犬がいるのです。

オリバーはメリッサさんの家の犬たちと遊ぶのも好きですが、自宅で家族と過ごすのも大好きなのだそうです。

この投稿をInstagramで見る

Oliver(@oliver_the_white_dawg)がシェアした投稿 - 2020年 8月月1日午後4時58分PDT

スーさんは「ほかの誰かがオリバーのことを私たちと同じように愛してくれるのは素晴らしいことです」と喜んでいます。

一方、メリッサさんも「私たち家族の生活にオリバーがいてくれるのは素敵なギフトです」と感謝しているそうです。

この投稿をInstagramで見る

Oliver(@oliver_the_white_dawg)がシェアした投稿 - 2020年 7月月26日午前10時48分PDT

2つの家族に愛されて、たくさんの友達に囲まれて、毎日を謳歌しているオリバー。

大型犬の14歳は人間の年齢だと88歳くらいといわれています。

日課となっているメリッサさんの家までの散歩こそが、彼の長生きの秘訣なのかもしれませんね。

オリバーは9年前にメリッサさんが隣に引っ越してきた日以来、毎日やって来るようになったのだとか。

メリッサさんの家の門の前に到着すると、開けてもらえるのを待っているといいます。

そして帰りたくなると「じゃあそろそろ帰るね」という感じで自分の家に帰っていくのです。

この投稿をInstagramで見る

Melissa and so many animals(@pudgethepit)がシェアした投稿 - 2020年 8月月18日午後3時55分PDT

メリッサさんとスーさんは常に連絡を取り合って、オリバーが安全にお互いの家を行き来できるようにしているそうです。

オリバーは高齢なので目や耳が老化しているそうですが、メリッサさんの家に行くための最短ルートはちゃんと覚えているのだとか。

メリッサさんの家族も愛犬たちもオリバーのことが大好きで、オリバー自身もまるで自分の家のようにくつろいでいます。

この投稿をInstagramで見る

Melissa and so many animals(@pudgethepit)がシェアした投稿 - 2020年 7月月17日午後5時12分PDT

この投稿をInstagramで見る

Melissa and so many animals(@pudgethepit)がシェアした投稿 - 2020年 5月月7日午後5時19分PDT

まるで近所の子供たちに会いに来るおじいさんのようなオリバーですが、実はスーさんの家にも2匹の妹犬がいるのです。

オリバーはメリッサさんの家の犬たちと遊ぶのも好きですが、自宅で家族と過ごすのも大好きなのだそうです。

この投稿をInstagramで見る

Oliver(@oliver_the_white_dawg)がシェアした投稿 - 2020年 8月月1日午後4時58分PDT

スーさんは「ほかの誰かがオリバーのことを私たちと同じように愛してくれるのは素晴らしいことです」と喜んでいます。

一方、メリッサさんも「私たち家族の生活にオリバーがいてくれるのは素敵なギフトです」と感謝しているそうです。

この投稿をInstagramで見る

Oliver(@oliver_the_white_dawg)がシェアした投稿 - 2020年 7月月26日午前10時48分PDT

2つの家族に愛されて、たくさんの友達に囲まれて、毎日を謳歌しているオリバー。

大型犬の14歳は人間の年齢だと88歳くらいといわれています。

日課となっているメリッサさんの家までの散歩こそが、彼の長生きの秘訣なのかもしれませんね。