ホーム»ニュース»記事の内容

コロナ差別に松戸市が『緊急宣言』 その内容に「よく言った」「当たり前だけど大事」の声

2020年8月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が流行する中、感染者やその家族、医療・介護関係者や感染者が確認された事業者などに対する誹謗・中傷などの差別的な行為が増加しています。

千葉県松戸市はコロナウイルスによる人権侵害を危惧し、同月1日に『緊急宣言』を発しました。 その内容が、こちらです。

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う人権尊重緊急宣言」

新型コロナウイルス感染症は、日本国内のみならず、世界で猛威を振る続けています。

松戸市においてもその影響は甚大であり、国の緊急事態宣言は解除されたものの、感染者数は都市部を中心に再び増加に転じ、以前として予断を許されない状況となっています。

このように、新型コロナウイルス感染症への対応が長期化する中、感染された方やそのご家族を呼び市民の健康を守るために最前に懸命に闘っている医療・介護関係者をはじめとして、社会生活を支えるため日々奮闘している多くの関係者やそのご家族に対する差別・偏見やいじめ等が社会問題となっています。 人権は、いかなる場合でも尊重されるべき基本的な権利であり、このような差別や偏見は決して許されるものではありません。

感染のリスクは誰にでもあります。 偏見や差別的な言動に同調せず、正しい情報と知識に基づいた行動をとることがなにより大切です。 闘う相手は人間ではなくウイルスです。 新しい生活様式を守りつつ、一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに、新型コロナウイルス感染症に関する「差別・偏見やいじめ等のないまち、まつど」を目指し、市民と市が一丸となって推進していくことをここに宣言します。

令和2年8月1日 松戸市

松戸市 ーより引用

松戸市の本郷谷健次市長は「陽性になっても感染者本人の責任ではない」と誤解や偏見で差別的な対応をしないよう、動画でも強く訴えました。

コロナウイルスは自覚症状が出ない場合もあり、誰もが気付かない間に感染する可能性があります。

大切なのは、社会一丸となって感染を拡げないように日々できる工夫をし、先の見えない状況でもみんなで支え合っていくことです。

感染者や懸命に働く医療・介護関係者を傷付け、人々の心に分断を生むような行為は許されるものではありません。

松戸市の『緊急宣言』にネット上では「責める加害者だって、いつ感染者になるか分からない」「当たり前のことをいっているのに、うるっとしました」「改めて宣言するのも大事だな」などのコメントが寄せられています。

私たち一人ひとりが間違った方向に進まないよう、強く意識する必要があるでしょう。