ホーム»動物»記事の内容

セミにトラウマがある犬 とった行動に「申し訳ないけど笑った」

夏になると、いたるところに落ちているセミの亡骸、通称『セミ爆弾』…。

やっかいなのは、息絶えたセミかと思って近付いた瞬間、大きな鳴き声を鳴らしバタバタと暴れまわるところです。

巷では、その様子を、『最期(ファイナル)の手前』とセミをかけて、『セミファイナル』なんて呼ぶ人もいるほど。

毎年、多くの人に恐怖とトラウマを植え付けているセミ爆弾ですが、被害者は決して人間だけとは限らないようです…。

セミ爆弾がトラウマになってしまった犬

過去に、セミ爆弾のトラップにひっかかってしまった、rose(@rosetheme_)さんの愛犬のジェスちゃん。

恐れを知らなかった当時のジェスちゃんは、セミ爆弾に近付き鼻先でつついてみたといいます。 しかし、それが過ちでした…。

瀕死の状態のセミは気力をふりしぼって、爆発!

「グギギギギギギ!!!」と大絶叫してバタつくセミは、ジェスちゃんにトラウマを植え付けたのでした。

そして2020年の夏…セミ爆弾を目の前にしたジェスちゃんの姿をご覧ください。

鼻先でツンツンしてたセミが急に息を吹き返して以降トラウマになったらしい