ホーム»動物»記事の内容

猛暑の中、生物園の職員が池で探していたものは… 「本当にやめて欲しい」

東京都にある足立区生物園(@seibutuen_info)は、2020年8月17日にTwitterを更新。

園内の池で「カメを放流している人がいる」との目撃情報があり、同月16日に捜索をしたといいます。

最高気温37℃となったこの日、炎天下の中でも職員が必死にカメを探した理由とは…。

カメを池に放している人の目撃情報を受けました。 危ないカメの可能性もあり、昨日猛暑の中で池の大捜索を行った結果、本来いないはずのアカミミガメを数頭捕獲しました。 生きものを飼うなら最後まで責任を持ってほしいですね。 たった一匹の放流でもその場の環境が大きく変わってしまうこともあるので。 pic.twitter.com/n6GRXZuZkF

— 足立区生物園 (@seibutuen_info) August 16, 2020

目撃されたカメが万一、外来種『カミツキガメ』だった場合、人にケガを負わせる危険があるとのこと。

結果的に、池にカミツキガメはいませんでしたが、本来いるはずのない外来種のカメを数頭捕獲したそうです。

足立区生物園は「たった一匹でも、池の環境が変わってしまうこともある」と池への放流をやめてほしいと訴えました。

ネット上では、こうした身勝手な行動に批判の声が高まっています。

カメを放流した人は「飼えないから」「自然の中で生きるほうが幸せ」など軽い気持ちだったのかもしれません。

しかし、来場者の安全や池の生態系を守るために、職員が大がかりな捜索をすることになったのです。

命あるものを飼う責任の重さを、しっかりと認識してほしいものですね。

結果的に、池にカミツキガメはいませんでしたが、本来いるはずのない外来種のカメを数頭捕獲したそうです。

足立区生物園は「たった一匹でも、池の環境が変わってしまうこともある」と池への放流をやめてほしいと訴えました。

ネット上では、こうした身勝手な行動に批判の声が高まっています。

カメを放流した人は「飼えないから」「自然の中で生きるほうが幸せ」など軽い気持ちだったのかもしれません。

しかし、来場者の安全や池の生態系を守るために、職員が大がかりな捜索をすることになったのです。

命あるものを飼う責任の重さを、しっかりと認識してほしいものですね。