ホーム»社会»記事の内容

実家に帰省したところ『帰省警察』から中傷のビラ 高橋真麻のコメントに賛否両論

2020年8月11日に放送された、情報番組『バイキング』(フジテレビ系)では、東京から青森の実家に帰省した男性宅に「さっさと帰ってください」というような中傷のビラが置かれていたことを取り上げました。

医療体制があまり整っていないところでは、帰省によって新型コロナウイルス感染症に感染した患者が運ばれてくると病床がひっ迫するほか、別の患者にまで影響が出る可能性があります。

こうした可能性を不安視して、地方への帰省をあまりよく思っていない人がいるのも事実。

そんな人たちの行き過ぎた行動を、一部では皮肉を込めて『帰省警察』と呼んでいるようです。

高橋真麻「個人の判断で自己責任でいいと思う」

番組に出演したタレントの高橋真麻さんは、『帰省警察』に対して持論を展開しました。

これだけ連日コロナの報道を毎日見ていたら、自分がどれくらいの意識を持っているとか、それぞれがコロナに対する考え方というものがちゃんと持っていると思うんですけども。

個人の不要不急とか、帰省に対する価値観って、その人しか分からないものなんだから他人がとやかくいうことじゃないと思うんですよ。

その人にとっての不要不急って人が評価するべきものじゃないと思うんですね。

帰省についても今年の夏しかどうしても無理っていう事情のある人もいるわけで。

それを全く何の事情も知らない人が、とやかくいうのはやっぱりおかしいと思うので一般的に考えて、周りから見て「きちんとコロナの感染予防しているな」「三密を避けているな」という人だったらば個人の判断で自己責任で自分で決めさせるというのでいいと私は思います。

バイキング ーより引用

きっと帰省する人の中には、実家の農作業の手伝いや、介護などといったやむを得ない事情がある人もいるでしょう。

そうした理由も知らない第三者が口を出すべきではないと高橋さんは強調。

「個人の判断で、自己責任でいい」とコメントしました。

高橋さんの意見には賛否両論の声が上がっています。

帰省する地方によって、医療体制やその土地ならではの問題も出てくることでしょう。

帰省をする人も、しない人もまずは『感染予防を徹底する』ということを忘れずにしておきたいですね。