ホーム»記事の内容

『 千と千尋の神隠し』に出ていたあの謎料理も!?ジブリ飯で過ごした1週間

スタジオジブリの映画に出てくる印象的なご飯の数々。 おいしそうに食べる登場人物の姿が一層魅力的に映ります。

ジブリ作品に登場する料理は『ジブリ飯』と呼ばれ、最近では再現した画像がSNSなどに多くあげられています。

作品を見るとたまらなく食べたくなる『ジブリ飯』。 それらを1週間作って食べる挑戦をした動画が、YouTubeチャンネル『北の打ち師達』にアップされています。

『崖の上のポニョ』に出てくるハムの入ったラーメン、『天空の城ラピュタ』のシータとパズーが洞窟の中で食べるラピュタパン、『となりのトトロ』でさつきが作る桜でんぶの載ったお弁当、『魔女の宅急便』でおばあちゃんが孫娘のために作ったニシンとかぼちゃの包み焼きなど、その数全部で13品。

そんな憧れのジブリ飯の中に、『千と千尋の神隠し』に出てくるあのメニューが登場します!

※写真はイメージ

不思議な街に迷い込んだ千尋の父親は、店主が不在ながらもおいしそうなゆげの立ち込める一軒の屋台に入ります。 そこで食べていたのが、プニプニとした弾力をもつ不思議な料理。

映画では『神様の食べ物』とされるこのプニプニですが、モデルとなったメニューを実際に食べられるお店があるとのことで、動画の中で食レポをしています(プニプニの正体は諸説あるそうです)。

少し不気味、でもおいしそうなあのプニプニ。 その正体は、動画でご覧ください。

千尋のお父さんのように豪快にかっこむことはできませんでしたが、プニプニの実態が明らかになりました。

実際にプニプニを試してみたい方は、お近くのバーワンが食べられるお店を探してみましょう。 『千と千尋の神隠し』の世界にトリップできるかもしれません。