【衝撃】赤ちゃんにつけるべきではない名前8選 みなさんはお子さんの名前を決めるときに時間はかかりましたか。名前というと、生涯使用し続けるものだからこそ、悩みますよね。 今回これからお子さんに名前をつける方のために、世界にある「キラキラネーム」をご紹介しますね。 このような名前は間違っても、我が子にはつけない方がいいですよ!

【衝撃】赤ちゃんにつけるべきではない名前8選

杨德凯 | 2019-07-11報告する

みなさんはお子さんの名前を決めるときに時間はかかりましたか。名前というと、生涯使用し続けるものだからこそ、悩みますよね。 今回これからお子さんに名前をつける方のために、世界にある「キラキラネーム」をご紹介しますね。 このような名前は間違っても、我が子にはつけない方がいいですよ!

 

子どもの名前、大丈夫?

1.ヌテラ

フランス人夫婦が我が子に「ヌテラ」と名付け申請した模様。

しかし、いじめの対象になると判断され、却下されたそうなんです。

「ヌテラ」は世界的に有名な会社が作ったチョコレートクリームなんです。

一家に1つは必ずある商品なことから知名度が抜群な分、名前には不向きですよね。

2.@

アメリカ在住の中国人夫婦が息子に考えた名前が「@」だったんです。

しかし、アメリカでは記号を名前に使用することができないので却下されました。

3.フェイスブック

最近メキシコでは、我が子の名前にフェイスブックを使用する人も増えています。

メキシコではあまりにも人気な名前だったことから、この名前を使用することを禁止されました。

4.ハッシュタグ

サンフランシスコ在住の夫婦は子どもに「ハッシュタグ」とつけたそうです

SNSが多くの世代に広まったことからこのようなな名前も出てくるのかもしれませんね。

5.メサイア

テネシー州に住む夫婦は我が子に「メサイア」と名付けようとしていましたが、却下されたそうなんです。

メサイアは救世主という意味を持ち宗教的な意味合いが強いという点で却下したそうです。

しかし、のちにこのような誤解が解け正式に我が子の名前が、「メサイア」となりました。

6.ウィナーとルーザー

ニューヨーク在住の兄弟でそれぞれにこの名前を使用しているんです。

そのままの意味合いでは、それぞれ「勝者」と「敗者」になることから生まれた瞬間から勝者と敗者に分かれそうですよね。

内容未完结,点击第2页继续浏览